何もぶつけたりしてないし、地震もなかったのにガラスが割れている。そんなことがありませんか。
 それは「ガラスの熱割れ」かもしれません。

熱割れ現象

 日射が直接当たる窓ガラスの被照射部は、吸熱して高温となり膨張します。一方、ガラスの周辺部はサッシにのみ込まれているため日射を受けず、またサッシや躯体への放熱もあり、低温のままになり膨張しません。このため、高温部の熱膨張を周辺部が拘束する状態になります。これをガラス内部の力の状態でいうと、ガラス周辺部に引張応力が発生していることになります。この引張応力(熱応力ともいう)は、被照射部と周辺部との温度差に比例し、ガラスのエッジ強度を超える引張応力が発生するとガラスが破壊します。
 この現象を一般に「熱割れ」と呼んでいます。
 特に鉄線の入った線入り板ガラスや網入り板ガラスが、鉄線のないガラスに比べてエッジ強度が劣るため発生しやすい現象です。

熱割れの特徴

 熱応力の大きさは、窓の方位やガラスの品種、ガラスの使われ方によって違いがあるほかにも、日陰の状態、カーテンの影響、ガラスの大きさにも左右されます。
以下に、ガラスの熱割れの主な特徴を示します。
 ①ガラスの熱割れが発生しやすいのは、冬季の晴れた日の午前中です。冬季は大気が澄んでいる日が多く、特に建物南面への日射量が大きくなり、しかもサッシ周辺の温度が低下しているからです。
 ②普通、ガラスの熱割れは、ガラスの太陽エネルギー吸収率、エッジの状態だけでなく、サッシの取付状態、影の状態、使用状態などの条件が複合して発生するものです。
 ③ガラスの熱割れの状態は、図のように、ガラスのエッジから始まり、まずエッジ辺に直角に走り、それから蛇行していることが特徴です。
 ④ガラスの熱割れには、クラックが1本だけ入る非分岐破壊と、クラックが2本以上入る分岐破壊とがあります。非分岐破壊は、一般に、小さな熱応力で熱割れが発生したことを示し、分岐破壊は、比較的大きな熱応力で熱割れが発生したことを示します。

熱割れを防止するために

 ①ガラスの裏側に熱の反射物を置かないでください。
 ②家具などをガラス面に密着して置かないでください。
 ③厚手のカーテンやブラインドをガラスに密着させないでください。カーテンやブラインドは少なくともガラス面より10cm以上離してお取り付けください。
 ④ストーブなどの暖房器具や照明器具をガラスに接近させないでください。
 ⑤暖房・冷房装置の吹き出し口を直接ガラスに向けないでください。
 ⑥ガラスに紙を貼ったりペンキを塗ったりしないでください。
 ⑦ガラス面に日照調整フィルムや装飾カラーフィルム等を貼る場合は、事前に検討が必要です。
 ⑧バルコニーにガラス面に影ができるような物を置かないでください。

割れたらどうする

 網入り、線入りガラスならガラスの中に鉄線が入っていますので、すぐ崩れ落ちることはありません。
 しかし、徐々にひびが伸びてきて、ガラスの強度が極度に低下します。風圧や衝撃にも耐えられなくなりガラスの脱落や思わぬケガの原因となります。
 すぐお近くのガラス店または当社へガラス交換の依頼をお奨めします。

LinkIconお問い合わせはこちら