・冬に暖房を入れてても窓の近くがひんやりしてぞくぞくする。
 ・窓が結露して、窓の周りがびしゃびしゃ。
 ・夏のエアコンの効きが悪い。
 ・冷暖房費が非常に高い。
 ・家具や畳が日焼けしたり退色したりする。
 ・光熱費を抑えて冷暖房によるCO2排出削減を計りたい。


 今、お住まいの住宅で感じていることはありませんか。

立教大学本館(1918)豊島区西池袋

 夏に窓から入る暑い熱は、家全体の71%に達します。また冬の室内の暖房は、1枚ガラスだと48%もの熱が窓から逃げていきます。この窓から出入りする熱量を遮断することが、住まいの快適な環境づくりと省エネにつながるのです。

エコガラスが解決します。

 エコガラスは、優れた断熱性能と遮熱性能によって、窓ガラスからの熱の出入りを防ぎ、室内を快適に保つとともに、暖冷房の効率をアップし、暖冷房によって発生するCO2排出量を削減するガラスです。

 一見、普通の複層ガラスと同じに見えるエコガラス。しかし、大きな違いは、ガラスの内側にある特殊な金属膜(Low-E膜)です。Low-Eとは、"Low Emisivity"(低放射)の略です。熱の3つの伝わり方(伝導・対流・放射)のひとつ、放射をLow-E膜が抑えます。

 この特殊金属膜が、エコガラスのポイント。複層ガラスの断熱性能(冬場の室内の保温)がより高まり、また、複層ガラスにはない遮熱性能(夏場の太陽熱の遮断)を実現します。

 だからエコガラスは、1年を通して快適な暮らしを支え、環境保護に役立ち、光熱費の節約にも貢献できるのです。

LinkIcon詳しくはエコガラスのホームページをご覧ください。

※エコガラスは、日本の3メーカー(旭硝子・日本板硝子・セントラル硝子)が製造するLow-E複層ガラスの共通呼称です。

資料をご覧いただくにはAdobe Reader(R)が必要です。